4240 Movies

ビューティフル・マインド A Beautiful Mind (2001)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1994年のノーベル経済学賞受賞者、ゲーム理論微分幾何学が専門のアメリカの数学者ジョン・フォーブス・ナッシュの半生を描いた、製作ブライアン・グレイザー、監督ロン・ハワード(製作兼)、主演ラッセル・クロウジェニファー・コネリーエド・ハリスクリストファー・プラマーポール・ベタニー共演によるヒューマンドラマの秀作。


ドラマ(ヒューマン)

ラッセル・クロウ / Russell Crowe 作品一覧
ラッセル・クロウ / Russell Crowe / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督 ロン・ハワード
製作
ブライアン・グレイザー

ロン・ハワード
原作:シルヴィア・ネイサーA Beautiful Mind
脚本 アキヴァ・ゴールズマン

撮影 ロジャー・ディーキンス
編集
マイク・ヒル

ダニエル・P・ハンレイ
音楽 ジェームズ・ホーナー
主題歌
シャルロット・チャーチ”All Love Can Be”

出演
ラッセル・クロウジョン・フォーブス・ナッシュ
ジェニファー・コネリー:アリシア・ナッシュ
エド・ハリス:ウィリアム・パーチャー
クリストファー・プラマー:ローゼン医師
ポール・ベタニー:チャールズ・ハーマン
アダム・ゴールドバーグ:リチャード・ソル
ジョシュ・ルーカス:マーティン・ハンセン
アンソニー・ラップ:ベンダー
ジャド・ハーシュ:ヘリンジャー教授
ヴィヴィエン・カーダン:マーシー
オースティン・ペンドルトン:キング教授

アメリカ 映画
配給
ユニバーサル・ピクチャーズ(北米)
ドリームワークス(世界)
2001年製作 135分
公開
北米:2001年12月21日
日本:2002年3月30日
制作費 $60,000,000
北米興行収入 $170,709,000
世界 $313,542,340


アカデミー賞 ■
第74回アカデミー賞
・受賞
作品・監督
助演女優(ジェニファー・コネリー)
脚色賞
・ノミネート
主演男優(ラッセル・クロウ)
編集・メイクアップ・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1947年9月。
ジョン・F・ナッシュ(ラッセル・クロウ)は、”この男は天才”という一行の推薦書で、プリンストン大学院数学科に入学する。

学生寮に入居したナッシュは、チャールズ・ハーマン(ポール・ベタニー)という気楽な学生と同室になる。

その後、”この世を支配する真理”の追求の研究に没頭するナッシュは、他の学生達からは疎外されていく。

ナッシュは、MIT(マサチューセッツ工科大)のウィーラー研究所行きを希望する。

しかし、ヘリンジャー教授(ジャド・ハーシュ)は、授業にも出ずに論文も書かないナッシュに、他の学生より抜きん出た成果をあげるよう要求する。

勉学に励みながら、学生生活を謳歌している同僚学生マーティン・ハンセン(ジョシュ・ルーカス)やソル(アダム・ゴールドバーグ)、ベンダー(アンソニー・ラップ)らは、バーにまで研究資料を持ち込むナッシュを、からかったりもするのだが、そこで彼はある閃きを得る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1947年9月。
ジョン・F・ナッシュは、プリンストン大学院数学科に入学して、チャールズという学生と同室になる。
その後、”この世を支配する真理”の追求に没頭するナッシュは、他の学生達からは疎外されていく。
やがてナッシュは、経済理論を覆す画期的な“ゲーム理論”を発見して、希望通り、MITのウィーラー研究所に入ることができる。
1953年、ウィーラー研究所からペンタゴンに派遣されたナッシュは、ソ連の暗号解読に携わり講師も兼ねていた彼は、学生のアリシアと知り合う。
そんな時ナッシュは、国防総省のパーチャーに出会い、極秘任務としてソ連の暗号解読を依頼され、スパイ活動に加担させられる。
アリシアと結婚したナッシュは、任務を降りようとするのだが、バーチャーはそれを許さずにプレッシャーをかけ、彼は次第に追い詰め
られていく。
そしてアリシアは、ナッシュ統合失調症の精神障害であることを、ローゼン医師から知らされ、隠された夫の秘密を知ることになるのだが・・・。
__________

数学者、暗号解読、政府機密機関、 米ソの冷戦統合失調症精神障害など、堅苦しい言葉が並ぶ作品だが、”美しい”感動で終るストーリーに心洗われる。

遂にオスカーを獲得したロン・ハワードの演出は、アキヴァ・ゴールズマン(オスカー受賞)の見事な脚本を生かし、主人公のジョン・F・ナッシュの人物像を繊細に描き、幻覚の中で起きる、サスペンス・タッチのエピソードも盛り込む、超一級の娯楽作品に仕上がって
いる。

第74回アカデミー賞では8部門にノミネートされ、作品、監督、助演女優(ジェニファー・コネリー)、脚色賞を獲得した。
・ノミネート
主演男優(ラッセル・クロウ)、
編集、メイクアップ、作曲賞

全世界で、3億ドルを超す大ヒットとなった作品でもある。

制作費 $60,000,000
北米興行収入 $170,709,000
世界 $313,542,340

ジェームズ・ホーナーの美しく清らかな音楽、エンドロールで流れるシャルロット・チャーチの”All  Love Can Be”も印象に残る。

前年「グラディエーター」(2000)でオスカーを獲得したラッセル・クロウが、本作で、2年連続受賞を逃したのは非常に残念だ。
彼の渾身の演技は、作品を見終った後、心地よい癒しにも似た感動を与えてくれる、文字通り「美しい心」になれる作品だ。

同じくオスカー受賞のジェニファー・コネリーも、精神を病む夫を支える妻役を見事に演じ切っている。

幻覚の中の国防総省のスパイエド・ハリスも、作品のキーポイントを担う重要な存在で、実力派の彼の存在は大きい。
謎のGメンの役どころは、彼がFBI役を演じた、「ザ・ファーム」(1993)を思い起こさせる。

1990年代以降、役柄に恵まれている精神科医を演ずるクリストファー・プラマーも、燻し銀の演技を見せてくれる。

本作がきっかけとなりジェニファー・コネリーと結婚することになる、「ダ・ヴィンチ・コード」(2006)でもロン・ハワードと組んだ、こちらも幻覚の中の元ルームメイト役のポール・ベタニー、同僚アダム・ゴールドバーグアンソニー・ラッププリンストン大の恩師ジャド・ハーシュ、ライバルの学友から、後年ナッシュを支えるジョシュ・ルーカス、主人公の妹の娘役のヴィヴィエン・カーダン・同僚教授オースティン・ペンドルトンなどが共演している。

参考:
映画でのジョン・F・ナッシュは、かなり人物的に美化されている。
実生活については、作品のイメージを重視して記載を控えます。
興味のある方は、こちらを参照して下さい。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020