4553 Movies

5時から7時の恋人カンケイ 5 to 7 (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

作家の志望の青年と既婚者でありながら彼との関係を楽しもうとする女性の恋を描く、主演アントン・イェルチンベレニス・マーロウオリヴィア・サールビーランベール・ウィルソンフランク・ランジェラグレン・クローズエリック・ストルツ他共演、監督、脚本ヴィクター・レヴィンによる恋愛ドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト
監督:ヴィクター・レヴィン
製作
ジュリー・リン
ボニー・カーティス
サム・イングルバート
ウィリアム・D・ジョンソン
製作総指揮
デヴィッド・グレートハウス
ベンジャミン・カステラーノ=ウッド
テレサ・カステラーノ=ウッド
ラス・マッチ
脚本:ヴィクター・レヴィン
撮影:アルノー・ポーティエ
編集:マット・マドックス
音楽
ダニー・ベンジー
ソーンダー・ジュリアーンズ

出演
ブライアン・ブルーム:アントン・イェルチン
アリエル・ピアポント:ベレニス・マーロウ
ジェーン・ヘイスティング:オリヴィア・サールビー
ヴァレリー・ピアポント:ランベール・ウィルソン
サム・ブルーム:フランク・ランジェラ
アーリーン・ブルーム:グレン・クローズ
本人:デヴィッド・レムニック
ジョナサン・ガラッシ:エリック・ストルツ

アメリカ 映画
配給 IFC Films
2014年製作 95分
公開
北米:2015年4月3日
日本:未公開
北米興行収入 $162,685


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
作家志望の24歳の青年ブライアン・ブルーム(アントン・イェルチン)は、街角でタバコを吸う女性アリエル・ピアポント(ベレニス・マーロウ)に近づき話しかける。

毎週金曜日にこの場でタバコを吸うと言う、気軽に話してくれたフランス人のアリエルに、”リトル・マーメイド”の主人公と同じ名だと伝えたブライアンは、彼女と来週も会うことになる。

翌週、雨の中、約束通りアリエルに会ったブライアンは仕事のことを訊かれ、作家だが出版はまだだと答える。

アリエルから自分のことを知りたいかと訊かれたブライアンは、もちろんだと答える。

年齢は33歳だと言うアリエルは来週のことを話し、平日なら午後の5時から7時は暇だとブライアンに伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
作家志望の24歳の青年ブライアン・ブルーム(アントン・イェルチン)は、街角でタバコを吸うフランス人女性アリエルに惹かれる。
アリエルと話し数日後に再会したブライアンは、彼女が既婚者で二人の子供の母親であることを知り驚く。
文化の違いと単純には考えられないブライアンは、ヴァレリーの愛人とも良好な関係だと言うアリエルの言動に戸惑いながらも、彼女と愛し合うようになるのだが・・・。
__________

既婚者で子供もいながら、夫も承知の上で恋愛を楽しもうとする魅力的な女性と、彼女に惹かれた作家志望の青年との恋愛を描く作品。

奔放なフランス人女性の自由恋愛主義と単純には考えられない青年の戸惑いと、様々な経験をしながら成長していく姿を描くドラマは、洗練された先進的な雰囲気のニューヨークを舞台にしているため、当事者の主人公より観客の方が冷静に見ていられるのではないだろうか。

愛人がいる夫との関係も理解する女性と主人公との恋愛に”不純”な雰囲気は感じられず、現実から逃避しているような二人の異質な関係を描写する演出が興味深い。

拡大公開もされなかった小作ではあるが、豪華共演者は注目だ。

惹かれた女性が既婚者で子供がいることに戸惑いながら、彼女との関係を深めていく作家志望の青年を好演するアントン・イェルチン、当初は遊びのように思えるものの、目上の女性として主人公を思い遣りながら付き合うベレニス・マーロウ、その夫でフランスの外交官であるランベール・ウィルソン、その愛人である”ファラー・ストラウス&ジルー”の編集者オリヴィア・サールビー、その上司である編集長のエリック・ストルツ、主人公の両親フランク・ランジェラグレン・クローズ、本人役でジャーナリストのデヴィッド・レムニックなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021