4257 Movies

50/50 フィフティ・フィフティ 50/50 (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

生真面目で健康管理も万全な青年がガンを宣告されながら、周囲の人々と共に病気と向き合う姿を描く、監督ジョナサン・レヴィン、主演ジョゼフ・ゴードン=レヴィットセス・ローゲンアナ・ケンドリックブライス・ダラス・ハワードアンジェリカ・ヒューストン他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:ジョナサン・レヴィン
製作総指揮
ネイサン・カヘイン

ウィル・ライザー
製作
エヴァン・ゴールドバーグ

セス・ローゲン
ベン・カーリン
脚本:ウィル・ライザー
撮影:テリー・ステイシー
編集:ジーン・ベイカー
音楽:マイケル・ジアッキーノ

出演
アダム・ラーナー:ジョゼフ・ゴードン=レヴィット

カイル・ハイロンズ:セス・ローゲン
キャサリン・マッケイ:アナ・ケンドリック
レイチェル:ブライス・ダラス・ハワード
ダイアン・ラーナー:アンジェリカ・ヒューストン
リチャード・ラーナー:セルジュ・ウード
アラン・ロンバルド:フィリップ・ベイカー・ホール
ミッチ・バーネット:マット・フリューワー
フィル:ピーター・ケラミス

アメリカ 映画
配給
サミット・エンターテインメント(北米)
ライオンズゲート(世界)
2011年製作 100分
公開
北米:2011年9月30日
日本:2011年12月1日
製作費 $8,000,000
北米興行収入 $35,014,190
世界 $39,187,780


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
シアトル
公営ラジオ局で働く27歳のアダム・ラーナー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)は、恋人で画家のレイチェル(ブライス・ダラス・ハワード)に、几帳面な性格をからかわれながら出勤する。

アダムを迎えに来た、同僚で親友のカイル・ハイロンズ(セス・ローゲン)は、アダムと違い、奔放なレイチェルを嫌い彼女についてを意見する。

そんな時、アダムは腰の痛みが気になり医師の診察を受けて、”悪性神経鞘腫 神経線維肉腫”つまりガンだと診断されてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
シアトル
公営ラジオ局に勤める青年アダム・ラーナーは、腰の痛みが気になり、診察の結果、悪性腫瘍と診断される。
同僚で友人のカイルは悲しむものの、気落ちするアダムに、生存率が50%だと知らされ希望も抱く。
画家である恋人レイチェルは、アダムとの闘病生活を決めて彼を支える。
其の後アダムは、医師に紹介されたセラピストのキャサリンが、研修生であることを知り不安を感じて彼女との話も噛み合わない。
やがて抗ガン剤の治療も始まるが、副作用で苦しむアダムは苛立ち、キャサリンに八つ当たりしてしまう。
そんなアダムは、自分の看護を苦に思っていたレイチェルの浮気を知り彼女と別れ、親しくなった患者も亡くなり、自分の死を意識し始める・・・。
__________

難病を宣告された将来ある青年の苦悩、どこにでもある、その周囲の人々の気遣いや衝突などを淡々と描く、自身もガンを克服した、脚本を担当したウィル・ライザーの体験を基にした作品。

シリアスなドラマに、不道徳な友人らのユーモアも加わり展開にメリハリもあり、結局は周囲の思いが主人公を支え、生きる希望が伝わってくる爽やかなラストもなかなかいい。

平凡な青年を抑え気味に演ずる、主演のジョゼフ・ゴードン=レヴィットをはじめ、製作にも参加する、
物語にアクセントを加える”悪友”セス・ローゲン、心優しいセラピストのアナ・ケンドリック、主人公の恋人ブライス・ダラス・ハワードなど、若手の実力派が顔を揃えた、地味な作品だが深みのある内容でもある。

また、主人公の母親役でベテランのアンジェリカ・ヒューストン、彼にしては砕けた役だった、人間味のあるガン患者、80歳を迎えようとしていたフィリップ・ベイカー・ホールの出演も嬉しい。

主人公の父親セルジュ・ウード、主人公と親交を深めるガン患者マット・フリューワー、ラジオ局の同僚ピーター・ケラミスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020