4237 Movies

21グラム 21 Grams (2003)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

二人の男性と一人の女性、一つの心臓が関係する三人の運命を描く、製作、監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、主演ショーン・ペンナオミ・ワッツベニチオ・デル・トロ他共演のドラマ。


ドラマ

ショーン・ペン / Sean Penn / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
製作総指揮:テッド・ホープ
製作
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

ロバート・サレルノ
脚本:ギレルモ・アリアガ
撮影:ロドリゴ・プリエト
編集:スティーヴン・ミリオン
音楽:グスターボ・サンタオラヤ

出演
ポール・リヴァース:ショーン・ペン

クリスティーナ・ペック:ナオミ・ワッツ
ジャック・ジョーダン:ベニチオ・デル・トロ
メアリー・リヴァース:シャルロット・ゲンズブール
クローディア・ウィリアムズ:クレア・デュヴァル

マリアンヌ・ジョーダン:メリッサ・レオ
マイケル・ペック:ダニー・ヒューストン
ジョン牧師:エディー・マーサン
産婦人科医:ジョン・ルビンシュタイン
ロスバーグ医師:デニス・オヘア

アメリカ 映画
配給 フォーカス・フィーチャーズ

2003年製作 124分
公開
北米:2003年12月21日
日本:2004年6月5日
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $16,248,700
世界 $60,427,840


アカデミー賞 ■

第76回アカデミー賞
・ノミネート
主演女優(ナオミ・ワッツ)
助演男優(ベニチオ・デル・トロ)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
前科者のジャック・ジョーダン(ベニチオ・デル・トロ)は、今ではジョン牧師(エディー・マーサン)の宗教センターに、妻マリアンヌ(メリッサ・レオ)や子供達と通う熱心な信者だった。

数学教授のポール・リヴァース(ショーン・ペン)は、心臓病で余命1カ月と宣言され、移植手術のためドナーを待っていたが、妻メアリー(シャルロット・ゲンズブール)は、夫の命がある間に、何とか妊娠することを望んでいた。

しかしポールは、自分には意味のないことだと言ってメアリーに協力しようとしない。

ある日、電話を受けた主婦クリスティーナ・ペック(ナオミ・ワッツ)は、夫マイケル(ダニー・ヒューストン)と娘達が事故に遭い病院に搬送されたとの連絡が入る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
数学教授ポール・リヴァースは、心臓病ので余命1カ月と宣言され、移植手術のためのドナーを探していた。
平凡な主婦クリスティーナは、夫と娘達が事故に遭ったとの知らせを受けて病院に駆けつける。
しかし、幼い娘達は亡くなり夫は脳死状態となり、クリスティーナは、臓器提供を迫られる。
三人をひき逃げしたジャックは、前科者ではあったが、今では改心して信仰深い地道な生活を送っていた。
妻マリアンヌの制止を聞かず、帰宅していたジャックは、神への義務だと言って警察に出頭する。
その後、クリスティーナの夫の心臓を提供されたポールの手術は成功して、彼はその感謝の気持で、規則違反と知りつつドナーを探し当てる。
ドナーの妻クリスティーナが、家族を失ったことを知ったポールは、その後、彼女を監視して接触を試みるのだが・・・。
__________

メキシコの鬼才アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが、盟友とも言えるスタッフらと共に、ハリウッドの実力派スターを揃えて描いた異色のドラマ。

冒頭から、過去、現在、そして今後に起きる出来事が入り乱れる構成に、内容を把握するまでは戸惑いを感じてしまう。

しかし、それが理解できてくると、衝撃の愛憎劇として観る者をドラマに引き込む、その演出と編集は見事だ。

人間は亡くなる時に、21グラムだけ体重が減る、そのわずかな物が”魂”だという、人間の命の重みを訴えるテーマが確りと描かれている。
参考:
ダンカン・マクドゥーガルの、魂を計測しようとして実験。

北米では拡大公開されず、商業ベースに乗った作品ではないが、評価は高かった作品。

製作費 $20,000,000
北米興行収入 $16,248,700
世界 $60,427,840

第76回アカデミー賞では、主演女優(ナオミ・ワッツ)、助演男優(ベニチオ・デル・トロ)にノミネートされた。

死を目前にして新しい”命”を得ながら、その死の意味を考えつつ運命の日々を生き抜く主人公を好演するショーン・ペン、リアリズムを追求した体当たりの演技で、家族を失う絶望の淵の女性を迫真の演技で演ずるナオミ・ワッツ、自分に降り注ぐ試練を受け入れる信仰深い男を熱演するベニチオ・デル・トロ、その妻を印象的に演ずるメリッサ・レオ、主人公の妻でジェーン・バーキンの娘シャルロット・ゲンズブール、クリスティーナ(N・ワッツ)の夫ダニー・ヒューストン、妹クレア・デュヴァル、牧師エディー・マーサン、産婦人科医ジョン・ルビンシュタイン、外科医デニス・オヘアなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020